金元の意味などを勉強した

勉強をしました。兼ぬ・予ぬとは両方を合わせもつ、兼ねる、兼任する、予想・予言する、時間的・空間的にある範囲にわたるという意味です。鐘とはつり鐘、またその音のことです。兼ね合いとはつり合い、よい程合い、均衡という意味です。予てとは以前から、前もって、あらかじめ、前々、平生、日ごろという意味です。金吹きとは貨幣を鋳造することです。金元とは、資本を出す人のことです。鹿の子絞りとは絞り染めの一つです。白い斑点の模様を染め出したものです。鹿の子斑とは鹿の毛のように茶褐色の地に白い斑点のあることです。鹿の子結いとは鹿の子絞りに染めるため、布を糸でくくることです。彼の様とはあのお方、あのお人という意味です。彼の面とはあちら側、向こう側という意味です。皮薄とは肌のきめが細かく、なめらかなことです。川上・河上とは川の上流のことです。川柄とは川のもつ特質、川の様子という意味です。皮衣とは毛皮の衣という意味です。老け手ハンドクリーム

金元の意味などを勉強した